2019/3/30 (土)

球春開幕

評価数:1 平均評価:5

さて3月も終わりという事で?

野球シーズンがやってきました。

なんと我が阪神が2連勝です!2日で3点しかとってませんが?w

まあそのうち奮起してくれると信じませう。w

まあ1か月でどこが脱落するかがまず一つの壁かとは思います。

私の予想は阪神最下位でしたがチーム雰囲気が良さそうなのは感じました。

それが良い風に出ると良いと思います。

何より楽しく野球をしてる選手を見ると、

ちゃんと応援してあげなきゃという気持ちになりますね。

まあ実際投手力は強みであるというのはここ2試合でも確認できました。

あとは打撃力をどうするかが課題ですが、

そこはもう使いながら育てていくしかないでしょうね?

まあ実際は広島や巨人相手だとけちょんけちょんにされそうですが・・・。

まあでもとりあえず戦ってからですかね?

とりあえず仕事後の楽しみが増えましたね。

今年はどうなるか楽しみにしています。(*^_^*)

頑張れタイガース

阪神19

 

2019/3/16 (土)

ピエール瀧と薬物問題

評価数:0 平均評価:0

電気グルーヴのメンバーで俳優のピエール瀧さんがコカイン使用で捕まりました。

供述によると容疑を認めておりコカインと大麻を20代の頃から使用しているとのこと。

犯罪特に薬物は捕まるまでやめれないというのがよくわかります。

薬物を使用するとまずそれがないと快感が得られないというのが、

頭にインプットされてしまいます。

なのでまずそこでやめれなくなるわけです。

まあタバコやお酒にも少し共通する所もありますが、

それが何倍も強いと思えばいいかと思います。

ピエール容疑者の場合音楽性の部分でクラブとかの出入りが激しいので、

クラブはどうしても売人の温床ということもあり、

そこら辺を知っている人は「ああっやっぱり・・・。」というのが本音みたいです。

もちろんその音楽性を否定するわけではありませんが、

そういう問題があるなら音楽性を否定されないためにも一線を画すべきではないでしょうか?

相方の石野さんがどこまで知っているかはわかりませんが、

そういうことも音楽業界は考えて欲しいと個人的には思います。

ファンが安心して楽しめる音楽を目指してほしいです。

音楽業界も含め芸能界では薬物が蔓延しているという噂が絶えません。

それだけ大変な職業かもしれませんが、やはり一線は守って欲しいです。

タバコ、お酒と薬物の違いは法律で禁止されていることです。

禁止されるにはそれなりの意味があります。

主には身体の影響もそうなんですが、一番は治安の悪化です。

薬物によって治安が悪くなるので禁止されてるのが一番の理由です。

ただアンフェタミン(覚せい剤)はナルコレプシーの治療には使用を認められたりと、

条件付きで薬として許されているものもあります。

でもそれは決して娯楽で認められるべきではありません。

大麻の合法化も叫ばれてますが、

合法となってもあくまで医療目的のみに限られるべきです。

娯楽に使用なんてことは日本においてはあってはならないと思っています。

今回の厚生局の取り締まりは非常に大事なものです。

警察や厚生局のみなさんはこれからも厳しい取り締まりを私は求めます。

日本の治安はこれによって維持されてると言っても過言ではないです。

そしてみなさんは決して薬物に手を出さないようにお願い致します。

違法じゃないからいい脱法だからいいという好奇心が手を出す一歩です。

気持ち良くなれるその誘惑こそが薬物への最大の入り口です。

そもそも何もせずにそれを用いれば快楽を得られるという事自体が間違ってるのです。

安易に快楽を求めない姿勢が大事です。

誘惑に負けない健全な社会を目指しましょう。


薬物

 

2019/3/10 (日)

パルるん偉人伝「モデスト=ムソグルスキー」

評価数:0 平均評価:0

今日は私の好きな偉人を書こうと思います。

栄えある第一回目は「モデスト=ムソグルスキー」です。

えっ誰?って人もいるかもですが、曲を聴けば一度は誰でも耳にしたことがあると思います。

代表曲は「禿山の一夜」と「展覧会の絵」です。

タイトルでもうピンと来る人も多いでしょう。

さてこのムソグルスキーさんを一言で現すと

「天才が認める天才」と言えます。

または「未完の天才」ともいえると思います。

さてこれがどういうことかというと?

彼が凄くネガティブだったんです。w

普通成功者というものはどこか自信家でポジティブなのが普通です。

俺って凄いと思いながら世に作品を出している人がほとんどでしょう。

でもこのムソグルスキーさんは違います。

俺才能ないと言い続け、周りが「いやいやあんた天才だって!」という感じです。

ネガティブが災いしてか自信がないので作品が完成しません。

殆どが未完であるというのもムソグルスキーの特徴です。

「完成させられないやっぱり俺は駄目なんだ。」と落ち込んでしまいます。

自分一人で完成させたものの売れないのでまた「俺やっぱり才能ない」ってなります。w

そんなムソグルスキーの才能を認める一人がフィギュアでも有名な曲

「シェエラザード」で有名なリムスキー=コルサコフです。

お前は才能があるんだから俺が手伝ってやるから頑張れ。

と言ったかはさだかではありませんが?w

このコルサコフが編曲を手伝って完成した曲が「禿山の一夜」です。

「禿山の一夜」 作曲モデスト=ムソグルスキー 編曲リムスキー=コルサコフ
https://www.youtube.com/watch?v=wrAs-DebbH0

この曲は現在でも多く使われており、

時代を超えて受け入れられるまさに先に進みすぎた音楽とも言えます。

最近では元のムソグルスキーの原典版も演奏されるようになってます。

またムソグルスキーの影響を受けた作曲家の一人にラヴェルがいます。

「ボレロ」の作曲で有名な音楽家です。

ラヴェルはムソグルスキーのピアノ組曲「展覧会の絵」を編曲しました。

私たちが知っている「展覧会の絵」はこのラヴェル編曲によるものです。

「展覧会の絵」 作曲モデスト=ムソグルスキー 編曲 モーリス=ラヴェル
https://www.youtube.com/watch?v=go6WSgfgZoM

この曲も結局有名になったのは悲しい話ムソグルスキーの死後でした。

彼は26歳で母の死をきっかけにアルコール依存症になり、

公務員の仕事をしながら音楽を続けるものの仕事も休みがちになり、

その公務員の仕事もクビになりその一年後に心筋梗塞により永眠しました。

音楽は永眠する42歳まで行っており、

好きな音楽を続けれたことは唯一の救いだったかもしれません。

なので決して裕福でもなく最後まで名声も富も得ることはできませんでした。

しかし、その功績は死後認められ、現在でも彼の音楽は奏でられ続けています。

これが「天才が認める天才」モデスト=ムソグルスキーです。

禿山の一夜は本当に名曲だと私も思います。

彼は才能がある人でしたが、決して恵まれたとは言い難い人です。

でもそこに悲哀というか何とも言えない人間臭さが見えて、

非常に音楽的にも人生的にも印象に残る方です。

まあもう少しでもポジティブというか明るい材料があれば、

もっと違う人生だったのかもしれませんが、

それもまた人生というものではないでしょうか?

こういう背景を知ってその音楽を聴くとまた一味違うものかもしれません。(^_^;)

「禿山の一夜~原典版」 作曲 モデスト=ムソグルスキー
https://www.youtube.com/watch?v=Q8wqaJSkEP4

また一味違いますね。(*^_^*)


ムソグルスキー

 

2019/3/7 (木)

信仰の自由と組織

評価数:0 平均評価:0

我が国は信教の自由が認められています。

私も浄土真宗という宗教に属していると言えます。

私は親鸞さんが嫌いじゃないのでまあある意味嫌ではないんですが、

だからと言って熱心な教徒というわけでもありません。

組織に属することは悪いことではないです。

むしろ属さないことの方が稀でしょう。

学校会社など基本的にはどこかに所属しているものです。

ただし組織というものは厄介なものでもあります。

自分の望まないことを強制させられたりすることもあります。

自分が違うと思っててもそれが言えなくなることもあるでしょう。

そうやってるうちに間違ってると思っていることも正しいと思うようにもなるかもしれません。

特に宗教などはその教えが絶対であるという事が多く、

そうなることに陥りやすいと言えます。

信仰が悪いとは思いません。

しかしそれが本当に正しいかは私は疑問に思ってほしいです。

正しいことならば実践し、

違うと思えば拒否する勇気を持ってほしいです。

なかなかそうは言っても出来ないかもしれません。

でも今日科学が進歩し宗教の必要性は限られています。

それでも生死観や道徳観など科学の範囲外で宗教は必要とはいえると思います。

しかし宗教の中には科学的に証明されてることも否定する所も多々あります。

そういう時は勇気を出してそれは違うと言いましょう。

キリストでもブッダでも宗教は人を救うという大義で出来ていると言えます。

そういう意味では他宗派だからといって否定することは決して正しいとは私は思いません。

信仰の自由それは他人を尊重することから始まるのではないでしょうか?


信教

 

2019/3/6 (水)

睡眠が不安定です。

評価数:0 平均評価:0

最近睡眠が不安定です。

9時間寝たと思ったら5時間しか寝れず次の日も4時間とかになります。

そこから7時間寝たと思ったら次は一睡もできませんでした。

少し寝る時間がずれてることに気づいて頑張って起きて調整しようとしたんですが、

いまひとつうまくいってませんね・・・。

ちょっと不眠症とかややこしいことにならなければいいのですが・・・。

この3月になってから急におかしくなりました。

季節の変わり目というのもあるかもしれませんね。

とりあえず今も寝ずに書いてます。

まあ多分今日はぐっすり眠れるでしょう・・・多分。

早く安定した睡眠に戻って欲しいと思う今日この頃です。(^_^;)


眠り19

 

2019/3/5 (火)

3月になりました。

評価数:0 平均評価:0

なんか世の中些細なことで怒る人が多い気がする今日この頃ですが、

みなさんいかがお過ごしでしょうか?

さて3月になってやはりだいぶ暖かくなってきた気がします。

来週からはまた大相撲が始まります。

今場所は大阪で行われる予定です。

道路が混むので嫌だとトラックのドライバーが言ってましたわ。(^_^;)

3月は平年より暖かくなると予報されてますが・・・。

それはすなわち花粉がいっぱい飛ぶってことであまりうれしくない方も多いかと思います。

まあ季節の変わり目で体調管理も難しいかと思いますが、

みなさんお体には気をつけましょう。(*^_^*)


花粉19

 
<<2019-042019-02 過去記事>>

トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS