トランプ来日について

評価数:0 平均評価:0

アメリカ大統領ドナルド=トランプ氏が来日しました。

まあこの人については評価は色々別れるとは思います。

アメリカの利益第一主義なので経済は順調なのはトランプ氏の一番の評価でしょう。

彼の支持率はその影響で40%後半まで上がっていると言われてます。

貿易交渉は難航を極めると思われます。

TPP離脱しているアメリカにTPPの条件以上の交渉を行うことは、

すなわちTPPの存在意義がなくなるからです。

そうなると日本もある意味主導で行っているTPPが崩壊するのは、

本意ではないからです。

しかし、アメリカファーストを掲げるトランプがそれを妥協することもないのもまた事実です。

平行線の先には日本への関税を上げるという選択肢があります。

今までなら共和党は親日の政党なので、

こういうことはなかったのですが、トランプはそこが今までと違うと言えます。

アメリカの利益第一自体は元々モンロー主義という言葉がアメリカにあり、

ある意味ではアメリカ的な考えだったりします。

トランプ氏というのはごりごりのアメリカ人と言えるのです。w

安倍首相もそうなのですが?

現在トランプ大統領も安倍首相にも言えることは、

代わりがいないので強気になれるという所だと思います。

民主主義である以上選挙で勝てば交代出来るのですが、

じゃあ他に誰がいるの?と言われるといないのが現状です。

それが結局長期政権につながるのですが・・・。

まあ他の国は民主主義が壊れて独裁状態にあるので、

そういう意味ではまだ選挙さえ行けば代えることは可能です。

トランプ氏以上に期待できる人材だと思わせればいいわけです。

問題はそういう人物が次の選挙で出てくるかどうかだと思います。

これはかなり難しく、要するにアメリカ経済がいい訳ですから、

まずは経済政策でトランプ氏に勝るということを実証しないといけません。

利益が一番という考えになれば、人道的なことよりもまずはそちらが一番なわけで、

この考えを覆すことは非常に困難なのです。

まあアメリカの国のことなので、

アメリカの人が誰を選ぶかって話に過ぎないのですが・・・。

まあそれを日本に置き換えてみても一緒のことが言えるかと思います。

今の野党に安倍首相に勝る候補者がいるのか?

これが全てなのです。

まあ今後どうなるかはわかりませんが、

民意を得れる人物が大統領や首相になってるというのは、

民主主義である以上否定が出来ないことであります。

ちなみに私は本当はあまり好みじゃありません。(^_^;)


トランプ

 

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-05-27 (月) 20:22:37 (143d)