自分が他人に何かをされた時どうすればいいか?

評価数:1 平均評価:4

世の中生きてると色んなことがあります。

私は小中高と結構酷いいじめにあってました。

今思うとよく耐えてたなあと我ながら思います。

高校の3年間は特にひどく3年間通うのを刑務所に入ってると表現してたものです。

当然自分もそんなことをされたら腹は立ちます。

まあその場はいろんな感情もあり、自分も冷静にはなれないでしょう。

でも人を憎んでいては自分もまた同じこともしくわそれ以上のことするようになります。

ではどうすればいいのか?

そういう時は哀れみましょう。

そういう人はこんなことしか自分を表現できないかわいそうな人なのです。

そういうことを気づかせてくれるという意味では反面教師とも言えます。

憎まず哀れみその人が改心していつか気づいてくれることを願いましょう。

まあ後になって考えると結局はわがままな子供だったということなんですよ。

大人と言っても大きな子供もいますが?w

まあちゃんとした大人に育てばきっとそういうのも後からわかると思います。

向こうが子供なら自分が大人になってあげればいいんです。

まあ自分もいじめられる要素があったからそういう事になったのもあるでしょう。

でもその理屈はいじめられてる側が言う事であって、

いじめてる側が言うべきことではないと思います。

まあそもそもそんなことがわかる人はイジメなんてしないとは思いますが・・・。

色々と可哀そうな人たちなのです。

きっと彼らもその報いを受けてる事でしょう。

何事も自分が正しくある為には憎むのではなく哀れむことが大事なのです。


憎まない

 

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-02-21 (木) 17:59:33 (88d)